筋トレに使用する設備について

スポーツジムに筋トレ目的で通う場合、ほとんどの方が専用のトレーニングマシンを利用します。非常に多くの設備が取り揃えられています。ベンチプレスやスクワットなどのフリーウエイトもありますが、初心者にはトレーニングマシンやフリーウエイトの使い方が少々わかり辛いです。慣れれば簡単だとは思いますが、初心者にはよく分かりません。

まずはチェストプレスです。チェストプレスは大胸筋を鍛えるトレーニングです。厚い胸板を創ることができるため、数あるトレーニングの中でも特に人気があります。やり方は、マシンのイスに腰を掛けて取っ手を握り、押し出すように前後させます。トレーニング動作のポイントは、持ち手を胸の高さに設定し、大胸筋をしっかり使うことです。チェストプレスはイスを上下させることによって持ち手の高さを調節できます。持ち手の高さがちょうど胸のあたりに来るように設定してからトレーニングを始めます。

取っ手の位置が低くても高くても期待される効果が得られません。特に持ち手が高い場合は、肩に負担がかかるため注意が必要です。設定が悪いと肩を故障する可能性があるため、適切なポジションにあるかどうか、トレーニング前に確認することを注意する必要があります。初心者の方は腕の力で押し出そうとする場合が多くみられ、大胸筋の効果が薄れてしまいます。背中をしっかりとバックシートに密着した状態で、大胸筋を使って押し出すように心がけます。

初心者のために、スポーツジムでは24時間スタッフが常駐しているところもあります。せっかく体を鍛えたいと思っているのに、マシンの間違った使い方をしていたら意味がありません。初めて使用するマシンでは、ケガの心配もありますので、近くにいるスタッフやインストラクターに正しい使用方法を確認するようにしましょう。

参考―メガロス

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket